スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リサイクルショップのPSE法とは? 気を付けるところ リサイクルショップマニア

『リサイクルショップのPSE法とは? 気を付けるところ』

現役リサイクルショップ店員のリサイクルショップマニアです

PSE法とは?
電気用品安全法(電安法)の事です。

では電気用品安全法とは?
電気用品の安全確保について定められている法律の事です。

安全に製品が出来上がるようにと規制をかけてます。(電気用品の製造、輸入、販売等を規制するとともに、電気用品の安全性の確保につき民間事業者の自主的な活動を促進することにより、電気用品による危険及び障害の発生を防止する。)

と経済産業省が言うてます

危険な製品が出来上がらない様に、規制は必要です。
安全性が確立されていない商品の輸入規制は必要です。

ですが・・・


この管轄がなぜか 経済産業省 なんです。

と、いうことは・・・


そこに経済が発展する為にとの意味合いが含まれてきます。
ここがポイントです。


意味合いが含まれるだけならいいんですが、今は安全性を減らして経済の為とするイメージが強いです。(原発問題に近いです)
海外製品が国内市場に溢れるなら、ある程度輸入品の規制を強めるのは国益を守る為に必要な部分がありますが。(こちらはTPP問題に近いです)


なにが言いたいかというと・・・



電気用品の安全確保についてにのみに標準を合わせて改正しないと機能不全を起こす。
そもそも改定時に古物に関し、なんら考えてもいなかったし、解釈で強引に後付けし問題になったのは言うまでもない。

エコポイントの時もそうだが、エコロジーと見せかけエコノミーに重点を置けば、3Rを推奨している点で辻褄が合わない。

バカな役人に頼る政治家やバカな役人を更に加速させる大臣。役人を排除すべきと謳う政治家もいるが実際には、役人を牽引出来きてない政治家がよく言う。今の日本には優秀な政治家が必要ではないだろうか。


現状、リサイクルショップではPSE法は無意味な状態。
特別承認制度とか無意味な制度とか辞めちまえ!

本当にエコロジーを考えるのならリサイクル法ではなくエコロジー法を作るべきだ!
利権が絡まない仕組みに枠組み出来る政治家募集中!











関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。