スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IH対応かどうかの見分け方 Byリサイクルショップマニア

どうも機嫌のいいリサイクルショップマニアです。

なぜ?機嫌がいいかって言うと・・・
ヴィッセル神戸がJ2に落ちたからです。

JOJO風に言うと・・・

腹の底から『ザマみろ&スカッとサワヤカ』の笑いが出てしょーがねーぜッ!
です。

個人的に楽天そのものが嫌いでその経営手法が汚いと実際に経験しているからです。
まぁ汚いと言っても、違法では勿論ないのですが、日本における商売の心得というか美徳がそこには無い。

ニュアンスでは、商売とビジネスの違いです。
欧米方式を無理に日本に持ち込むのはいいが、それを還元する訳でもなく取り込むやり方が汚い。
全員とはもちろん言えないが実にバカが多い。恥を知れ!

これから特にヴィッセル神戸を見ていけば解ることだが、ただでさえ人気はないチームなのにもう神戸のサッカーチームと言えば え?アイナック神戸しかないでしょ? と言うことにすぐになり、解散するでしょうねきっと。
三木谷のポケットマネーで赤字で経営(補填)しているらしいが、もう維持できないでしょうね。

ごめんなさい。熱くなりすぎました。タイトルとはまったく違う内容ですね。
本題に戻ります。

さて今回は・・・


IH対応(鍋)かどうかの見分け方


対応しているかの目安として、
そのなべに、財団法人「製品安全協会」のSGマーク 『IH』 『CH/IH』 があるかで判断できます。
これは解りやすいですね

でもリサイクルショップに入荷される鍋って、店員でも解らない場合がありますよね。
スタッフに解らなければお客さんに説明できない

材質が解ればある程度解ったりするが、材質表記が必ずあるわけでもなく

そこで簡易的なのが磁石での判別です。

側面ではなく底面で磁石が強くつけばIH対応の可能性が大です。
ただし、よく誤解されがちですが、磁石さえつけば対応なのかというとそうでもありません。
強い磁力の磁石ならくっ付くが、弱い磁力の磁石だとくっ付かないという場合もあり、実際に、IHクッキングヒーターに乗せると、暖まらなかったりします

無知であれば、接客において大丈夫、間違いないと伝えるのはお客さんに迷惑をお掛けします。

100V・200Vなど出力が違うヒーター仕様も多様にあり、対応/非対応解らない時はきっちりその旨は伝えていきましょう



関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。